Archive for 3月, 2017

PostHeaderIcon スポーツニッポン記事 シカゴ・カブス マドン監督


2017年3月25日<土>スポーツニッポンの記事
3月18日に行われた侍ジャパンとシカゴ・カブスの練習試合後にマドン監督の日本チームの打者についてのコメントが記載されました。日本代表チームを通して今後の日本の野球界にとって大きなヒントとなるコメントだと思います。それではマドン監督のコメントの意味について解説します。下記がマドン監督のコメントです。「悪いこととは思わないけど・・・」と話した後に「・・・多くの打者が足を上げて打つから投手も変化球を多く投げるのであろう。メジャーでは足を上げていたら打つのは困難」と感想を述べています。小久保監督は「リーグがフォーシーム主体。どこで訓練をするのか?」と話すように、この部分の改善は難しいというニュアンスを感じます。
 ここにマドン監督の話の中に大きなヒントが隠されています。メジャーリーグで足を大きく上げるハイレッグキックタイプの選手は非常に少数派と言えます。その理由はこのタイプの打者は直球系にはタイミングが合いやすい反面、早い段階でボールの見極めが必要になるために遅球系にタイミングが外されやすく、また打者の手元で小さく変化するボールへの対応が難しくなります。またWBCの決勝戦で好投したストローマン投手は足を上げてから不規則にタイミングを変えながら見事に相手打者を翻弄しました。これらのことを考慮すると足を上げることのデメリットが非常に大きいことが分かります。これらのことを改善するためには打者を評価する時の重要な項目にTRRIGER TO IMPACT TIME <始動からインパクトまでの時間>の向上が必要になります。この数値が速い選手は長くボールを見極めることが可能になります。理想は無駄な動作を省いて、始動を遅くして長くボールを引き付けて見極めて始動からインパクトまでの時間を短縮することによって手元で変化するボールへの対応も可能になります。
レジースミスベースボールのレッスンでは各生徒のスイングを11項目に分けてその数値を知ることでスイングの課題を見つけて理論を基に指導しています。テクノロジーを駆使したレッスンは様々な分野で謎を解明することができています。それでは今回もご視聴頂きまして誠にありがとうございました。

PostHeaderIcon 動画打撃編006メジャー流 顔を静止して打つ

動画006打撃編 メジャー流 顔を静止して打つ
今回は顔を静止して打つことの重要性について解説します。最初の動画は2017年のWBCで活躍をしたスタントン選手の映像です。高校時代にレジースミスの個人レッスンを受けていました。インパクトの瞬間を見て打っているように見えますが、実際には見えていません。それはスタントン選手だけではなく、メジャーリーガーで動体視力の優れた選手でも95マイル(155キロ)のボールは最後の4.5メートルを全く見えていないことが科学的に証明されています。155キロのボールは約0.395秒となり、人間の瞬きのスピードよりも早いと言われています。それではメジャーリーガーはどのようにその速いボールを捉えているか説明します。人間の脳は約0.11秒でボールを認知することができます。リリースから最初の7メートルで球種とコースを認知、そして次の7メートルでそのボールを打つか打たないかを判断、そして最後の約4メートルはボールが全く見えていないのでただ反応するだけです。そのためにインパクトの瞬間を見て打つこと自体が不可能ということになります。現実的に見えないインパクトの瞬間に顔を動かしてしまうことが、反対に大きなブレにつながります。また、体の回転を止めてしまい手打ちになる傾向が多くなります。
 この度もご視聴頂きまして誠にありがとうございます。ご質問等がございましたら遠慮なくご連絡下さい。お待ちしております。

PostHeaderIcon 保護中: U11 H.N

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

PostHeaderIcon 保護中: アカデミークラス M.H

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

PostHeaderIcon 動画打撃編005 打球を飛ばす発射角度とは?

VIDEO 005 LAUNCH ANGLE 打球を飛ばす発射角度とは?について解説します。
 
 現在ワシントン・ナショナリズで活躍をしているマーフィー選手の映像です。先日のMLB公式サイトの記事にマーフィー選手の打席でのアプローチについて話しています。「チームメートから馬鹿げていると思われているけど、いつもボールを空中に打ち上げることを意識している。その最適な発射角は25度上がりで打球速度157キロで、その打球が本塁打になる。」と話しています。またマーフィー選手にとって理想の発射角を打つための大きなキーポイントは「ボールの下に集中してボールの下を打つことだ」と話しています。約10度~16度が理想のアプローチアングル<スイング軌道>で25度の発射角度で打つにはボールの下を打たなければこの発射角度では打てないからです。特に最初の映像にある低めの変化球が直球を打つように真ん中を狙っていてはゴロにしかならないと思います。
 後半の映像は2016年のワールドシリーズで本塁打を打ったペレス選手の映像です。ここで注目して欲しいことがボールの中心よりも下を打っていることです。これをオフセットと言います。約1.05インチ<2.6センチ>中心よりも下を打つことで打球が上がります。ここで大事なことはバットの軌道です。ダウンスイングでボールの下を叩いても打球は飛びません。理由は2つの物体が違う方向に向かっているためにボールの変形度が少なくなり反発力が出ないからです。理想のアプローチアングルと理想のラウンチ・アングルが長打となります。
 それでは動画打撃編005 LAUNCH ANGLE  打球を飛ばす発射角度とは?についての解説を終了します。ご質問がございましたら遠慮なくご連絡下さい。

PostHeaderIcon 動画ビフォアフター 平野恒陽くん(中学3年生)

This video is before & after 5 month. Koyo Hirano age 14th. He’s got huge improvement for hitting mechanics during 5 month .

今回はRSBJアカデミークラスの平野恒陽くん<2017年3月当時:中学3年生>のビフォアフターを紹介します。2016年10月から2017年3月までの約5ヶ月間という短期間で大きな技術向上をしてくれました。ノーマルスピード映像ではその違いがなかなか見えませんが、スローモーション映像では大きな違いが随所に見ることができます。特に下半身始動で捻るを作る動作とスイング初期での体からバットが離れない動作が大きな成長です。新年度からいわき市内の高校に入学することになります。高校野球での活躍を心から楽しみにしております。

所在地 [事業所]〒970-8045 福島県いわき市郷ヶ丘3-20-5 [練習場]〒970-1152 福島県いわき市好間町中好間半貫沢34
連絡先 [電話]050-1527-2994(代表)  [E-mail] info@rsbc.jp
定休日 年中無休(レッスンカレンダーをチェック)営業時間 11:00AM~8:00PM
代表者名  滝口 博之