Archive for 9月, 2011

PostHeaderIcon メジャー流 カットオフプレー

 現役のメジャーリーガーで最高の二塁手がニューヨーク・ヤンキースのR.カノ選手。その中でも外野からの中継プレーで走者を刺す、カットオフプレーが超一流と言われています。捕球後にノーステップで送球し、さらに正確で強い送球をして間一髪で走者をアウトにしています。
 
映像<左>は通常のカットプレー、捕球後に1ステップしてから送球に移ります。そして映像<右>がカノ選手、捕球後にノーステップで送球をします。
メジャーリーグでは野手の一歩のステップが走者の一歩となると考えられています。そのためにいかに送球時に一歩を少なくするかを何度も練習をするのです。その一歩を減らすことでアウトかセーフの試合を決定付けることとなります。
 
 それでは二人の選手の動きの違いを解説します。

映像<左>
ボールの勢いに合わせて内野側で捕球するため、軸足にためを作れないことから1ステップを必要とする。
映像<右>
ボールを外野手側で捕球しながら、軸足にためを作っているので、すぐに送球体制に入ることができる。

  ’ Little things makes huge difference.  ‘ 「小さなプレーが大きな違いを生む。」

PostHeaderIcon 月曜日アカデミークラス 小学生の部 増設 

 2011年10月から下記のクラスが増設されます。

曜日:毎週 月曜日
時間:6:00PM~7:00PM
クラス名:小学生2部

PostHeaderIcon いわきレジーボーイズ 第2回 チーム説明会 開催

第2回目のいわきレジーボーイズチーム説明会を開催致します。

当チームにご興味のある方は是非、説明会に参加して下さい。尚、参加を希望される方は会場の準備もございますので下記までご連絡を下さい。
メール : info@rsbc.jp
電話 : 050-1527-2994 <代表 滝口まで>

― 詳細について ―

日時:2011年10月16日<日>
時間:5:00PM ~ 6:00PM
場所:いわきグリーンスタジアム 第1会議室<球場内> 
2011年度 チーム募集合計人数 12人
2011年度: 中学1年生 6人
2011年度: 小学6年生 6人

当チームは少人数制ですので人数に限りがございます。
尚、すでに何人かの入団確定者もおりますので、実際の募集人数はさらに少ない半数になっておりますので入団を希望される方はお早目のご連絡をお待ちしております。

PostHeaderIcon いわきレジーボーイズ 今週土曜日から練習開始

 
ついに2011年9月17日から、いわきレジーボーイズの練習が始まります。
 メジャーリーグの殿堂入り監督、ロサンゼルスドジャースのトミー・ラソーダ氏の有名な言葉に
‘ winning Attitude ‘「勝利者の態度」そして’ team chemistry ‘「チーム・ケミストリー」がチーム作りに最も大事であると話していました。
勝者に相応しい練習内容、勝者に相応しい練習態度、勝者に相応しい指導者の態度など、すべてが整って勝利に結びつくということです。
また、チームケミストリーとは個性のある選手が融合し、素晴らしい化学反応を起こすという意味でもあります。
 9月17日から野球指導はもちろんのこと、これらの大事な野球の考え方や心得を指導できると思うと、心から楽しみです。
野球を心から楽しみ、野球を通して人生を学ぶということをチーム運営を通してできることを心から感謝します。
 また、いつの日かニューヨークヤンキースのキャプテン、デレック・ジータ選手のようにチームの勝利を最優先に考え、そして誰からも尊敬される
ような素晴らしい選手を輩出できるように私自身が努力して参ります。
 尚、定員にまだ空きがございます。是非、日本初のメジャーリーグスタイルベースボールチームの素晴らしさを皆さん知って欲しいと思います。

PostHeaderIcon 渡米研修終了 日本初グリップサイズ公認フィッター

 今年2度目のアメリカでの研修が終了しました。この度の研修では2年前から取り組んできたグリップサイズのシステムが完成し、ハンドスキャナーによる0.1㎜単位の正確な測定が可能になりました。また、各選手の身長、体重、肩幅、胸囲、足のサイズ、ウエストなどのサイズをコンピューターに入力することで各自に合ったスタンスのは幅が特殊な公式によって算出されると同時に、その結果が各自にメールで送られるようになりました。
 そしてドクターライト氏とスミスの正式な認定を受けて日本初の野球打撃部門での公認グリップサイズフィッターとなりました。
 また、今年のナショナルリーグの3冠王候補のマット・ケンプ外野手もすでに2年前にスタンス幅、グリップサイズ、キャリーアングル<背骨の角度>をスミスとドクターライト氏のもとで計り、今でもそのシステムをもとに打撃を行っているのが大きく今年飛躍した要因となっています。
 来月以降にはそのシステムが弊社ホームページに掲載されます。その時をどうか楽しみにして頂きたいと思います。

(左からドクターライト氏、滝口、リック氏)
 リック・スタッシ氏はアスレチック・リパブリックに所属する有名なトレーニングコーチとしてたくさんのプロアスリートを顧客としています。日本ハムファイターズの稲葉選手もメジャー挑戦前にリック氏のトレーニングを受けていました。
 この日は画期的なトレーニングの商品をライト氏に提案をしていました。その際に日本にも是非、この商品を紹介して欲しいということで、このスローイングトレーニングの
研修も受けました。後日、レジースミスストアに掲載します。


(左からライアン、アルビン、滝口、ドクターライト氏)
今回、スミスはニューヨークから向かってグリップサイズのメンバー全員揃っての研修予定でしたが、不運にも8月29日からのハリケーンでグリップサイズ・ドット・コムの本社の
ミッション・ヴィエホに来ることができませんでした。その後、ロサンゼルスに向かいスミスに経過を報告し、研修が無事に終了しました。

 アメリカ国内でも最先端の知識ですので、この知識を皆さんに理解して頂くまでには少し時間が掛かると思います。しかし、いつの日かゴルフ界と同じく、グリップの握りやサイズが
多くパフォーマンスに影響を与えることを野球界でも浸透する日が来ることを信じております。
 下記のアドレスがグリップサイズ・ドット・コム本社のホームページアドレスです。
https://www.gripsize.com/


 グリップサイズ・ドット・コムで自分に合ったグリップサイズ、スタンス幅、キャリーアングルを身に付けたマット・ケンプ選手
 (ロサンゼルス・ドジャース マット・ケンプ外野手)

所在地 [事業所]〒970-8045 福島県いわき市郷ヶ丘3-20-5 [練習場]〒970-1152 福島県いわき市好間町中好間半貫沢34
連絡先 [電話]050-1527-2994(代表)  [E-mail] info@rsbc.jp
定休日 年中無休(レッスンカレンダーをチェック)営業時間 11:00AM~8:00PM
代表者名  滝口 博之