Archive for 12月, 2009

PostHeaderIcon 2009年ウィンターベースボールキャンプ途中経過報告

 ’09年12月24日から開催しましたウィンターベースボールキャンプの途中経過をお知らせ致します。冬季に技術向上を目指す意識の高い選手やそのご父兄の方に参加して頂き今までにない素晴らしいキャンプが出来ていると思います。遠くは岐阜県、東京都から参加して頂き心から感謝しております。何かを学んで帰路について貰えれば心から嬉しく思います。
 来年の1月4,5日には福島県いわき市でのキャンプが始まり、1月6,7日と東京キャンプが始まります。それではまた来年にキャンプで皆さんにお会いできることを楽しみにしております。

 尚、トップページ右上のカテゴリーにメディア掲載の中にNHKの人気アニメ番組メジャーで取り上げて頂いた「石橋史匡くんのメジャーへの挑戦」が動画で観ることができますので是非ご観覧して頂ければと思います。

 それでは良いお年をお迎え下さい。

                                   レジースミスベースボール:ジャパン
                                         代表   滝口 ひろし

郡山キャンプ_中学生の部_091229
郡山キャンプ中学生の部
郡山キャンプ_小学生の部_091229
郡山キャンプ小学生の部 (写真左から4番目が上のbefore&after のモデルの境 健太郎くん) 
南相馬キャンプ_中学生の部_091225 
南相馬キャンプ中学生の部

南相馬キャンプ小学生の部

PostHeaderIcon Kentaro Sakai _Pitching 0712 ~ 0912


 境 健太郎くんの技術向上した部分の解説を致します。
①パイスローを修正することができた。
②体の開きをグラブ側の腕で抑えられるようになった。
③軸足がリリース時までの地面から離れなくなり、深く腕を振り切れるようになった。
④上体を前に倒すことでテコの作用を使えるようになった。
今後の課題は前足が外側に向かないように並進運動をできるだけ長くできるように心掛けましょう。

PostHeaderIcon Kentaro Sakai スイッチヒッター編

PostHeaderIcon Kentaro Sakai 0712&0912


 ’07年12月のいわきキャンプ時と’09年12月の郡山キャンプ時の2年間での比較映像です。この映像を見たほとんどの方が同じ選手なのかどうか恐らく自分の目を疑うのではないでしょうか?
 それでは当時4年生だった境 健太郎くんも現在6年生、岐阜県から遠路遥々弊社のベースボールキャンプに参加し頂いてから合計5回の中での成長過程を解説致します。
①レベルスイングができるようになった。
②構えた時点からの体の軸のブレがほとんどなくスイングをすることができるようになった。
③正しい軸足回転ができるようになり、コンタクト時にバットの軌道を変えずに打ち抜けるようになった。
④体にバットの先が体に巻きつくように振り出されるためにコンパクトなスイングをすることができる。
⑤両肘の使いかたを習得できたことで足と連動したスイングをすることができる。
 計5回のベースボールキャンプ参加でこれだけ技術向上してくれたことには本人の努力はもちろんのこと、ご父兄の熱心な姿勢が大きく影響していると思います。限られた時間で学んだことをしっかりと子供に伝え反復練習して頂いたことがこれだけの技術向上に結びついたと思います。それでは健太郎くんの2010年のシーズンの活躍を楽しみにしております。

PostHeaderIcon Hayate Kinoshiyta 0807 ~ 0912 Pitching


木下くんの投球技術向上したポイントをご説明します。
①パイスロー(リリース時に手首が寝る状態)を修正できたこと。
②体の開きをグラブ側の腕で抑えることで下肢と上肢の捻りを使うことができるようになったこと。
③フィニッシュ時に体勢からも分かるように縦のラインで上体を倒すことで横のブレを修正できるようになったこと
④かかとから着地する方が力が入ることを颯くん本人が感じるようになり、軸足に少しでも長く重心を置くことができるようになったことで軸足の力強い蹴りを使えるようになりました。

 今後の課題はまだリリース時に顔を静止して標的を見れない状態なので、そこを修正できるように努力して行きましょう!

PostHeaderIcon 石橋史匡くんのメジャーへの挑戦 (NHKアニメ:メジャー)  

 この度はレジースミスベースボールセンターアメリカ本校初の日本人マイナーリーガーをご紹介致します。高校生まで日本で育ち東京農大二高の硬式野球部で控えの選手として三年間を過ごし、2001年に高校三年生の夏にレジースミスベースボールセンター主催のアメリカでのベースボールキャンプに参加したことでアメリカでプレーしてみたいという思いに火が付き高校卒業後すぐに渡米。その後、スミスのレッスンを定期的に受けることで飛躍的に技術向上しピアースカレッジでレギュラー外野手としてプレー、卒業後に独立リーグで3年間プレーした後に名門ロサンゼルスドジャースと捕手としてマイナー契約、2年間レベルの高いシングルAとされるグレートレーク・ルーンズでプレーをしました。残念ながら今シーズン再契約とはなりませんでしたがこれを機にロサンゼルスドジャースから来年2010年以降は私も属していたことのあるアジア圏部署に属し日本でスカウト部門の仕事に就くことになりました。解雇後に球団から依頼を受けるということは人間性を含め英語力、プロ野球選手としての経験を大きく評価されたことが大きいと思います。

 この動画のスミスの石橋くんについての感想からも分かるように、とにかく野球に対する情熱があり、自分の夢を実現するということへのハングリーさが素晴らしかったと話しいます。普通の日本の高校生で控え選手だった石橋君がスミスの野球指導を信じて一生懸命に取り組むことで夢を実現できた一人です。私もスミスのアシスタントだった当時、石橋くんのレッスンをいつも手伝っていたのでその取り組む姿勢の素晴らしさは今でも鮮明に覚えています。やはり、一生懸命に取り組むと最終的には夢は実現できると改めて思いました。先日のアメリカ研修で石橋くんと会って話をした時に話してくれました。「もし、小学生、中学生でメジャー流の野球をレジースミスのもとで習うことができたら、メジャーリーグでプレーできる可能性もあったのではないかな?」と話していました。パワーとスピードを重視するメジャーリーグでプレーするにはその野球に適応した野球のスタイルを身につけることが大事だという思いが伝わってきました。

 

’08ウィンター東京キャンプ(右上が石橋くん)

’08ウィンター東京キャンプ(右上が石橋くん)

所在地 [事業所]〒970-8045 福島県いわき市郷ヶ丘3-20-5 [練習場]〒970-1152 福島県いわき市好間町中好間半貫沢34
連絡先 [電話]050-1527-2994(代表)  [E-mail] info@rsbc.jp
定休日 年中無休(レッスンカレンダーをチェック)営業時間 11:00AM~8:00PM
代表者名  滝口 博之