PostHeaderIcon 動画:捕手の理想のテイクバックとは?

2017年WBCでのモリーナ捕手のスローイングの映像です。野手の中で最も多くボールを投げるポジションのため正しいスローイング方法を習得しないと故障の原因につながります。日米での捕手のスローイング指導に大きな違いがあります。従来の日本式では小さく耳に近づけて投げるテイクバックの方法です。しかし、その方法は肩に大きな圧力が掛かります。この圧力を逃がすには90度から少し内側の肘の角度を維持することで大きく肩への負担を軽減します。また、小さくコンパクトに投げ過ぎると肘の故障の原因にもなります。コンパクトに小さく瞬時に投げた時のタイムとモリーナ捕手のように大きく強く投げた時のタイムではほとんど同じです。それであれば怪我をしないスローイング方法を選ぶべきではないかと思います。「強いボールを正確に正しく投げる」という考えが浸透してくれることを祈ります。

Comments are closed.

所在地 [事業所]〒970-8045 福島県いわき市郷ヶ丘3-20-5 [練習場]〒970-1152 福島県いわき市好間町中好間半貫沢34
連絡先 [電話]050-1527-2994(代表)  [E-mail] info@rsbc.jp
定休日 年中無休(レッスンカレンダーをチェック)営業時間 11:00AM~8:00PM
代表者名  滝口 博之