バックハンドでの捕球について

 少年野球、高校野球指導でのバックハンドでの捕球に関してご説明したいと思います。
弊社で指導するバックハンドで捕球するか正面で捕球するかの基準はグラブが体の中心を横切る
時にバックハンドで捕球するように指導します。
グラブが体の中心を交差して時点でグラブとボールの接点が少なくなるということです。
特に右打者でフックしてくるゴロの打球に関しては極度に接点が少なくなります。
そのため極端な場合は正面のゴロでもバックハンドでの捕球の方が良い場合もあるのです。
また、三遊間の平凡なゴロはクロスオーバーステップで正面で捕球する場合もあるように、
要するに打球方向で捕球体勢を変えるという考えではなく、グラブの動きの基準に合わせて
捕球方法を瞬時に変えるという考え方になります。
            

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください