よくあるご質問

PostHeaderIcon 体の小さい選手でも成功できる理由

 この度はメジャーリーグで活躍する体の小さいメジャーリーガーを紹介します。
ボストンレッドソックスの正二塁手のジャスティン・ぺドロイア選手です。

2004年にドラフト2巡目で入団
2007年に新人王
2008年ア・リーグのMVP
身長170センチ
体重80キロ

 この体の大きさで強打を連発し、彼よりも体の大きなメジャーリーガーよりも素晴らしい活躍を見せています。
 なぜ、この話を題材にしたかというと私自身も大学を卒業して日本のプロ野球のテストを受けようと思いその資格を調べたところ、何とほとんどの球団に175センチ以上という参加基準があり、その事実にとても落胆した思い出があります。それでも諦めきれずに渡米しアメリカのトライアウトを受けました。アメリカではどこの球団にも身長の制限はありませんでした。
 その日米の考え方の違いで分かったことがあります。ある日、この話題をスミスとしていた時に「野球は体の小さいアスリートに適したスポーツだ。日本の球団がなぜ、身長の制限を作るのか全く理解できない。」と話していました。アメリカには他にもアメリカンフットボールやバスケットなど体の大きさや身体能力を必要とするスポーツがあるために、本当のアスリートはそれらの競技を選ぶ傾向が強いと言われています。それらの競技に比べれば野球は体が小さくても十分にできるということです。また、特に守備面では低くなる動作が非常に多く、身長が低い選手の方が有利なポジションもあります。また、打撃面でも身長が高くなればなるほど、ストライクゾーンも必然的に広くなるため、広範囲でプレートをカバーしなければいけないために不利な面も出てきます。
 昨年のワールドシリーズで大活躍をしたリンスカム投手は180センチで77キロで最速160キロを計測するなど、体全身を使うことでこれだけの剛速球を投げることができます。また、近年ではラテンアメリカ系の体の小さい捕手が成功していることからポジションによっては体の大きさを重要視しない傾向が強くなっています。
 体が小さくても打撃や守備でパワー、スピード、テクニックを備えていれば通用するということを証明している選手がたくさんいることを皆さんに知って欲しいと思います。もし、自分が体が小さいことにコンプレックスを感じている選手は是非、これらの選手を励みに諦めずに努力をして夢を実現して欲しいと思います。

 それでは下記の力強いぺドロイア選手の本塁打シーンの映像を観て下さい。体が小さいからと言って当てるだけの打撃ではありません。強い打球を打つことが打率を上げる最大の方法なのです。

PostHeaderIcon メジャーリーグ流キャッチボール

 それでは今回は伝説の遊撃手オマー・ビスケル選手のキャッチボールのシーンを紹介します。インビジブル キャッチ(invisible catch)と呼ばれるものでグラブからボールに移し変える瞬間が肉眼では見えない位に素早く、グラブとボールの当たる縁の面積を限りなく小さくすることでボールの方向を利き手に変えるというリダイレクション(redirection)を素早く行います。また、捕球後にボールを持ち替えるまでの動作を省略することができます。実際の試合の中でも捕球からの持ち替える動作の素早さの役に立つ練習となります。これらの動作が間一髪のプレーを大きく左右すると言えます。
 但し、少しでも捕り損なうと体に当たる可能性があるので慣れるまでは注意をしてキャッチボールをして欲しいと思います。
これがトップメジャーリーガーの究極のキャッチボールの風景です。是非、参考にして欲しいと思います。

PostHeaderIcon 正しいスローイング方法について :レジースミス

 この映像はレジースミスベースボールの本社のあるエンシノリトルリーグの施設内で撮影されたエンシノリトルリーグの選手に向けて指導向けのものです。
小学生の子供たちに向けて非常に分かりやすく説明をスミスがしています。
 
 それではこの映像でスミスが指導している正しいスローイングの方法を解説します。
①Petting the big dog (大きな犬の背中から尻尾までなでるようにテイクバック)
 この動作ができることで小学生の子供多くみられるパイスロー(手の上にボールが乗る動作)の修正します。最も肩を痛めやすい動作の一つです。この動作で正しいゼロポジションに入りやすくなります。
②Natural carry angle (腕の力を抜いて下に下げた時の自然な腕の角度)
 この角度がスローイングをする際の各自に最も合った自然な角度と言われます。肘を曲げすぎることで肘に大きな負担が掛ります。また、肘を曲げすぎることで送球時に使われる筋肉群が少なくなり強いボールを投げることが難しくなります。いかにCシェイプのしなりを作るには後ろにあるボールを胸郭から前に引っ張ってくるようにすることで力のあるボールを投げることができるようになります。
③Zero position (腕の上げた時の自然腕の角度と言われるポジション)
腕を楽に上に上げた時の自然の角度です。上がり過ぎると腰の回転と連動せずに腕だけの動きになりボールに力が伝わりません。肩よりも下がると小さい筋肉群しか使えないので関節に掛る負担も大きくなり力のあるボールを投げることができません。学校での授業中に挙手した際の自然の腕の角度です。

 これらの解説からも分かるように何度か自然な角度という言葉が出てきます。要するに各自にあった自然の角度で投げることで体全身が連動しやすくなります。
この映像はアメリカの小学生向けに簡潔に説明していますが、実際にメジャーリーガーも行っている動作です。是非、参考にして頂ければと思います。

PostHeaderIcon メジャーで学んだ究極の打撃 (GET SPORTS 城島 健司選手)

 それではここで今年の初めに放送された城島選手の語ったメジャーで学んだ究極の打撃をご紹介致します。城島選手自の考え方の進化も見える非常に興味深い映像ですので是非、参考にして下さい。

 私自身も2000年のダイエーホークス(現ソフトバンク)で1軍の通訳者として従事していた時に当時シーズン途中でミルウォーキー・ブリューワーズから移籍してきたブライアン・バンクスという選手が当時の王監督の一本足打法とダウンスイングに取り組み私も一生懸命に通訳したのを覚えています。しかし残念ながらシーズン途中ということもあり、その技術を習得にするには至らずシーズン途中で退団したことを覚えています。

 城島選手が話したこの映像の中にもあるように「監督、そんな風にダウンスイングで指導したら普通の人だったら鵜呑みにして本当にバットを振り下ろすだけになっちゃいますよ!」と話していたことを私も近くで聞いていた一人です。恐らく当時の王監督にそこまで本音をぶつけられたのは城島選手くらいしか後にも先にもいないと思います。王監督もそこで怒ることなく「そんな奴もチームに一人くらいいても良いだろう。でも、たくさんいたらそれは困るけどな(笑)」と、話していたことを今でも鮮明に覚えています。

 私が城島選手を尊敬するところは今までの先入観に捉われずに常に進化を遂げる姿です。もし、常に人間がオープンマインドに物事を吸収する姿勢があれば常に人は進化するのではないかと思います。非常にデリケートな部分なのでちょっと詳しく説明させて頂きます。投手のレベルが変われば打者のレベルも変わらなければ通用し難くなるということなのだと思います。スミスが良く話していたことは「投手が打者にどうやったら打てるようになるかを教えてくれる」と話していました。例えば昔の投手があまり多投しなかったツーシーム系のボールを打者の手元で曲がるためにあまり前で捉え過ぎるとほとんどが芯を外して凡打になりやすくなります。また、投手の球速も上がり155km以上が先発投手では平均となると今までの技術では芯に当たっても押し負けるようになるなど打者にとっては大変な時代になっているのが現状だからだと思います。
 

 城島選手がメジャーで進化したところを下記に簡単にまとめます。
①後ろを大きく前を小さく。
②ダウンスイングではなく投手のボールの軌道に合わせて地面と比較するとアッパースイング。
③体からバットが離れないようにスイングをする。

 以上のようにほとんどが日本の従来の野球理論の逆になっていることに気付く方もいると思います。本年の城島選手の阪神タイガースでの大活躍を見ても分かるようにメジャーリーグで学んだ打撃理論や守備理論が日本に浸透する日はそう遠くないと確信した番組でした。

PostHeaderIcon 守備の上達方法について

守備に関して非常に面白い映像を紹介致します。この映像はレジースミスベースボール本社の守備インストラクターのペドロ・モンテロ氏から日本の選手の参考になるからと送られてきた映像です。それではサンフランシスコ・ジャイアンツのクロフォード遊撃手の練習風景を紹介します。それでは映像を楽しんで下さい!

 
 コメントの一部を簡単に訳すと「年間140数試合に加えてアリゾナでの秋季キャンプを加えると年間数多くの試合があるので、少しは野球を楽しもうと思ってこんなトリッキーなプレーをしながら楽しんでいるんだ。実際の試合では確実にプレーするから不必要かもしれないけど、足の速い打者の時にはそのプレーが間違いなく必要な状況もあるからね。」

 このように楽しみながらプレーをして守備をクリエイトすることでグラブ捌きが向上し感覚や感性が磨かれます。クロフォード選手のグラブ捌きはボールを捕るというよりボールの方向を変えるようにグラブ捌きをするためにグラブに当たった瞬間にすでに右手にボールを移し変えています。また、グラブを自分の手のように自在に使うことでグラブトスができるようになります。
 
 いくつかのポイントをご紹介致します。
①グラブを立てずに力を抜いて自然な角度で構える。
②ボールを捕るのではなくボールの方向を変えるように捕球をする。
③ボールの勢いに逆らわずにその勢いを上手く利用して送球に移る。 

 守備を好きになることが技術向上の大きなポイントです。

PostHeaderIcon 打撃における飛距離の法則とは?

 先日、東京ベースボールキャンプ期間中に神奈川県の中学校野球部の監督さんが弊社の野球指導に興味があり見学に来て下さいました。その際にお受けした質問の一つに「大人は力があるから軸で回転して飛ばせるけど、小学生は体が小さいから重心を後ろから前に移動して体全体で打ち返した方がボールは飛ぶのでは?」という問いに対してキャンプ時の休憩時間でしたのであまり詳しく回答をする時間がなかったので、この場をお借りして補足説明したいと思います。恐らくほとんどの方がこういった考えをお持ちなのではないかと思います。実際に私も以前はその一人でしたので、良くあるご質問の一つとして皆さんに弊社の野球理論に基づいて御説明致します。

 MASS(質量 )   X  VELOCITY (球速) = DISTANCE(距離 )

 この法則を簡単に説明すると、強度の強いコンクリートの壁に向かって速いボールを投げると強く跳ね返ってきます。反対に強度の弱い壁にボールを投げるとボールは弱く跳ね返ります。要するに質量を示すものが壁であり、投手の球速が速くそして対戦する打者が強い壁を持っている場合には球速が遅い投手と対戦するよりも飛距離が出るということです。つまり球速が速い投手ほど被本塁打率も高いのもその理由と言えます。

 以上の法則を基に考えると体重移動がボールを飛ばすのではなく、強い壁を持った打ち方ができる打者がボールを飛ばすことができると言えます。壁に向かい足を開いて手で壁を押す力と軸足に掛る力は同じになるという法則がございます。例を上げると相撲の立会で重心を低くしながらテコの作用を使いながら相手を押す動作に似ています。そのために腰の高い力士は下半身の抵抗力を使うことができないと言われる理由と言えます。

 つまり、力のある大人であっても力のない子供であってもこの法則に違いはないと言えます。要するに強い壁を持つことができるように上半身と下半身とを連動させながらボールを正確に捉えるかが大きなポイントであると言えます。このような考えからもご理解頂けるかと思いますが、レジースミス理論の根底にある誰にでも通じる普遍性を皆様にご理解頂ければ幸いです。

                          代表   滝口 ひろし

所在地 [事業所]〒970-8045 福島県いわき市郷ヶ丘3-20-5 [練習場]〒970-1152 福島県いわき市好間町中好間半貫沢34
連絡先 [電話]050-1527-2994(代表)  [E-mail] info@rsbc.jp
定休日 毎週火曜日及び祭日 営業時間 11:00AM~8:00PM
代表者名  滝口 博之