PostHeaderIcon 日米の体格差による指導方法に違いがあるのか

 先日、ある著名な元プロ野球選手のセミナーに参加した時に
こういう質問をしてみました。
メジャーリーグの投手と日本人の投手を比較して大きくメカニズムの面で違うところは
腕の振りを大きく使ってストロークを利用する、アメリカ人やラテンアメリカの選手に
対して日本人の選手は少し腕の振りが小さくストロークが小さいと思うのですが
どのように思われるかを聞いてみたところ、その答えは「アメリカ人は日本人の選手と比較して
体の作りが違うのでアメリカ人のような体の使い方はできない、それをすると壊れてしまう。くれぐれも勘違いをしないように」という
答えを頂きました。
レジースミス ベースボール:ジャパンを立ち上げてから、たくさんの少年野球の選手から高校生、大学生までアメリカで実際に教えてきた通りの野球指導をしてきましたが、一度もこの動きは日本人はできないと思ったことは一度もありませんでした。
シアトルマリナーズのイチロー選手は現在のメジャーリーグのアメリカンリーグで強肩と制球力はトップ5という評価を受けています。同じ日本人でもそれだけの評価を受けているのです。
 先日、スミスとこの話をしたところ、「同じ人間で2本の腕と2本の足をどのように使ったら最高の力を出せるかを指導者は研究しているので、人種の違いで指導方法が変わるということはあり得ない」と
電話でミーティングをしました。
 これだけたくさんの日本人メジャーリーガーが誕生し、しかもメジャーの看板選手となっている
この時代に、アメリカ人にできて日本人にできないということは科学的にも立証されていないはずです。いつかこのことを証明するためにも私自身、日々努力をして行きたいと思います。

Comments are closed.

所在地 [事業所]〒970-8045 福島県いわき市郷ヶ丘3-20-5 [練習場]〒970-1152 福島県いわき市好間町中好間半貫沢34
連絡先 [電話]050-1527-2994(代表)  [E-mail] info@rsbc.jp
定休日 毎週火曜日及び祭日 営業時間 11:00AM~8:00PM
代表者名  滝口 博之