Archive for 12月, 2010

PostHeaderIcon TAISEI NOGI 郡山クラス 6年生 0911&1011 


 野木 大聖くんの感想

 レッスンを受けて一年がたちました。始めたころは始めたころは投げる時に肘が下がっていたので、滝口さんと直すドリルを何回も繰り返してどうして下がるのか分かりました。今は自然にできるようになりました。最近僕が取り組んでいるのは、むだのないステップでどんなボールにでも対応できるバッティングをすることです。ドリルをしっかりやって自分のものにしたいです。後、滝口さんのメジャーリーグの話とかも、とてもためになるし面白いです。毎週アカデミーが楽しみです。

大聖くんのお父さん

 息子にとって野球の基礎を築くべく大事な時期に、メジャーの理にかなった動作を体感できたことと、その理論を学べたことがとても素晴らしい事だと思います。私は中学生の頃、日本のプロ野球とは明らかに違うバッティングフォームやスローイングのメジャーリーガーに興味を持ち、MLBの情報がない時代だったので、書籍やカードなどを集めて動作を研究したものでした。自分もそのころに、このレッスンを受けていたらもっと違う野球人生が送れたかもしれません。やはり早い時期に正しい動作を身につけることが上達の近道だと感じます。アカデミーでは毎日新しい情報や、メカニズムを丁寧にご指導していただきありがとうございます。これからもよろしくお願いします。

 今回は郡山クラスの6年生の野木大聖くんを受講生の声で紹介致します。大聖くんのお父さんは私の高校野球部時代の先輩で同じ寮の同部屋でした。当時では珍しいメジャーリーグの情報に詳しく野球スタイルもメジャーリーグ流だったと思います。今振り返ると野木さんと同部屋だったお陰でメジャーリーグへのあこがれや興味を持ちました。そしてアメリカで実際にメジャーリーグ流の野球指導を学び、その影響を受けた先輩の息子さんにその野球指導をすることができたことは少しではございますが当時にお世話になったご恩を返せたような気がします。

 それではここで簡単に大聖くんが技術向上をしたポイントを解説致します。

打撃:

①左肘の使い方を習得できたことで上体を反り返らない状態で最後までフィニッシュすることができるようになりました。体が反り返ることで体からバットが離れるためにインパクトが弱くなる傾向を修正できました。

②左肘の使い方を習得できたことで手首を返さない状態で足を連動しながらスイングができるようになりました。

投球

①腕を大きく振ることができるようになることでパイスロー(手の上にボールが乗る)を修正できるようになり、リリースポイントが安定し、ボールを押さなくなったためにボールに回転が掛るようになり、強くて正確なボールを投げられるようになりました。

②グラブ側の腕が高く上がり、上から下に振り下ろすことで利き腕が加速されるようになり、さらに上体を倒すテコの作用が使えるようになりました。

 レッスン開始当初からきれいなスイングをしていた大聖くんの大きな課題は腕の振りの修正という最も時間の掛かる根気のいる作業でした。この一年でここまで良くなるにはかなりの本人の努力が必要だったと思います。あきらめずに根気強くがんばってくれた大聖くんに心から感謝します。これからの活躍を心から期待しています。

 

PostHeaderIcon Tatsuki Kobiyama 郡山クラス 6年生 0911&1011 1年後


 それではここで小桧山樹くんの2009年11月と2010年11月の比較映像を紹介致します。

 小桧山くんのお父さんと私は高校野球部でのチームメイトでした。彼も素晴らしい野球選手でしたので樹くんもレッスン開始当初から良いスイングをしていました。しかし少し窮屈なスイングをしていてゴロが多かったのですが1年後には見事にその課題を克服することができました。

 それでは簡単に小桧山くんの技術向上のポイントをご説明致します。
①スウェー(ストライド時に腰が前に流れる)モーションを修正し、ステップ時に腰が前に流れないことで体の中心で回転できるようになることで強い回転力を身につけることができるようになりました。
②スウェーモーションが修正できたことでグリップがスムーズに体の前に出やすくなることで手首を返さずにボールを捉えられるようになりました。
③構えた時の背骨の角度をフィニッシュまで変えずにスイングをすることでボールの軌道と合ったスイングができるようになりました。また、ボールも上がるようになりライナー性の打球が増えて長打力が身に付きました。
④右ひじの使い方をマスターすることで手首を返さずに足と連動したところでボールを捉えることができるようになりました。

 小桧山くんのことは幼少の頃から見ていますが野球に対する情熱があり非常に努力家です。野球技術以外に特に必要なこの要素を持っている数少ない選手です。これからの今の気持ちを常に持ち続けて行くことができれば素晴らしい選手として活躍することができると信じています。これからも応援しています

                                                   

PostHeaderIcon 東京クラス 5年生 個人レッスンでの9ヶ月間での成果 


この度、紹介するのは2010年3月に初めて東京でのベースボールキャンプに参加して頂いた参加者の9ヶ月後の比較映像です。この映像を見て同じ選手なのか?と目を疑うほどの違いが出ているのではないかと思います。この映像を見て「ボールの高さが違うので比較にならないのでは?」と思われる方もいると思いますが、キャンプの初日は真ん中から低めは全くバットに当たらなかった状況でした。高めだけダウンスイングで打つために何とか当りましたが特に低めは当たらない状況でしたのでこの映像しか残っていなかったということです。しかし約9ヶ月が経過しとても熱心なお父さんのもとでいくつかの課題を見事に克服し、低めのボールも見事にライナーで打ち返すことができるようになりました。今では非常にパンチ力があり長打力が身についています。

 それではここで彼の技術向上のポイントをお伝えいたします。

①ダウンスイングからアッパースイングに振ることができるようになったのでボールの軌道にあったスイングができるようになり、当たる確率が高くなりました。
②重心移動を少なくすることで正確にボールを捉えることができるようになりました。
③背骨の角度を最初から最後まで帰ることなくスイングをすることでボールの軌道に合ったスイングができるようになりました。
④グリップからではなく左ひじから始動することでバットの先が遠回りすることなくコンパクトでさらに下半身を連動した強い打撃ができるようになりました。

 これからの活躍を心から楽しみにしております。

所在地 [事業所]〒970-8045 福島県いわき市郷ヶ丘3-20-5 [練習場]〒970-1152 福島県いわき市好間町中好間半貫沢34
連絡先 [電話]050-1527-2994(代表)  [E-mail] info@rsbc.jp
定休日 毎週火曜日及び祭日 営業時間 11:00AM~8:00PM
代表者名  滝口 博之