RSBCプレーヤーズ デベロップメント システム

PostHeaderIcon 守備プログラム

メジャーリーグで実際に行われているフォーメーションを使用します。全部で約23種類のそのフォーメーションの特徴は、カットマンとトレーラーマンの共同作業で行うため、送球先の指示が明確になり、送球ミスを防ぐ等、打者走者の進塁を防ぐ効果の高いシステムです。

PostHeaderIcon 投球プログラム

野球の基本はキャッチボールという言葉があるように、
メジャーリーグのスカウティングレポートでも【肩の強
度、制球力、メカニック(投げ方)】と細かく評価される
大切な分野です。ロサンゼルスドジャースデベロップメ
ントシステムの育成方法を基本にしたこのプログラムは
メジャーリーグでも高い評価を受けており、ペドロマル
ティネスを含め、たくさんの素晴らしい投手を育成した
プログラムです。

また、ロサンゼルス ドジャースの専門ドクター フランク ジョーブ博士による
生体物理学(バイオメカニックス)を基に研究発表された’リンケージ システム’と呼ばれる
連鎖運動の機能を投球メカニズムに取り入れた指導も行います。
これを取り入れることで肩、肘、腰の野球選手の生命となる部位の故障を防ぐことができます。

PostHeaderIcon 走塁プログラム

メジャーリーグでの走塁には、格闘技的な要素が含まれ
ます。アグレッシブな走塁は、相手のミスを誘うなど、
大きな得点能力の要素の一つになります。私どものプロ
グラムでは走塁のテクニック、投手の牽制、癖に対する
知識等をしっかり把握することで得点に結びつけます。
またランナーコーチの知識も勝敗を分ける大きな判断プ
レーのため、走塁コーチの指導も併せて行っています。

PostHeaderIcon 打撃プログラム

この2つの写真は現在のメジャーリーグで、完全に投手を制している打者の2人。バリーボンズ選手(写真上)は、メジャーリーグ歴代本塁打数2位でベーブルースの記録を破った打者。アルバートプホールス選手(写真下)はメジャー昇格後5年連続で3割、30本、100打点以上を記録しています。この両打者に共通した動作が私たちの野球指導の基本中の基本です。その技術指導面の大きな特徴の1つが、Pivot Turn(軸足を素早く回転して打つ※写真中の)ということです。そのための指導を行います。
A Angular Displacement
角度位】軸の周りを物体が追いかけるという意味。 軸が体で、物体がバットに例えると、重心が前に移動する ほどバットがその軸を追って前に行くために、バットの描
く弧が大きくなり、ヘッドスピードが遅くなる。
B Centrifugal force & Centripetal force
遠心力と求心力】求心力が小さく強く回転すれば、遠 心力もそれを追ってするどく回転する。
C Mass×Velocity=Distance
質量×球速=距離】強い壁にボールを思い切りぶつけ ると、強く跳ね返ってくる理論。軸足を回転しながらスイ ングすることで下半身と上半身を連動して打つことができ
るため強い壁を維持しながら打つことができる。以上すべ て、Biomechanics(生体力学)で証明されています。打てる 打者には、それだけの秘訣が隠されており、それを理論的
に展開し、効率的に実践できるのがレジースミスベースボ ールジャパンのプログラムなのです。

PostHeaderIcon シニアリーグ 練習プログラム

DAY1(1日目) 基本動作

守備基本

送球

  1. 送球動作
  2. 内野手 送球動作 応用編:逆足送球
  3. カット&リレー

内野手:捕球

  1. インフィニティー キャッチ
  2. 右足前捕球

ドリル

  • サークル ドリル(バック ハンド&フォーハンド)
  • ニーダウン ドリル(ハーフバウンド捕球&イレギュラー バウンド捕球)

投球基本

メカニック

  1. グリップ
  2. ワンインド アップ
  3. バランス ポイント
  4. アーリー レイト コッキング
  5. アクセレレーション
  6. フォロースルー
  7. フィニッシュ

ドリル

  • ヒップファースト ドリル
  • コンタクト グランド ドリル
  • デセプション ドリル

走塁基本

  • リードオフ
  • 投手の癖を盗む
  • スライディング基本
  • ポップアップ スライディング
  • 本塁での捕手のブロックからの防御

打撃基本

  • セット アップ
  • スタート ポジション
  • アタック ポジション(コンプレス ステップ)
  • ストライド
  • スイング
  • フォロースルー

ドリル

  • ピボット ターン
  • ロック&リリース ドリル
  • ボンズドリル
  • ヒットスルー タイヤ ドリル

DAY2(2日目)応用プログラム

守備応用

ポジション別指導外野守備

  • サード
  • ショート
  • セカンド
  • ファースト
  • キャッチャー

カット&リレーの実践(カットマン&トレーラーマン システム)

  • ラン ダウンプレー
  • 27アウト(プログレッシブ スキル トレーニング)

投球応用

  • コースへの投げ方&高低の投げ方
  • ツーシーマー
  • カーブ&スパイク カーブ
  • チェンジ アップ
  • スライダー&カットボール(高校生以上のみ)

フォーカル ポイント ドリル(対右打者&左打者)

  1. 直球:内角高め&直球:外低め
  2. 直球:内角高め&カーブ:外低め
  3. 直球:真ん中&チェンジアップ:外低め
  4. 直球:外角&スライダー外角低目

打撃応用

  • コースによる打ち方
  • 高低による打ち方
  • カーブの打ち方
  • スライダーの打ち方

ドリル

  • タイミング ドリル
  • 3ティードリル
  • ピアッザ ドリル

打席での考え方

  1. 狙い球の絞り方、コースによる球種の削除の仕方
  2. チャンスでの心構え
  3. 投手の癖の見抜き方

PostHeaderIcon リトルリーグ練習プログラム

DAY1 (1日目) 基本動作の習得

守備基本

送球

  1. 送球動作
  2. 内野手 送球動作 応用編:逆足送球
  3. カット&リレー

内野手:捕球

  1. インフィニティー キャッチ
  2. 右足前捕球
  3. リダイレクション捕球

ドリル

  • サークル ドリル(バック ハンド&フォーハンド)
  • ニーダウン ドリル(ハーフバウンド捕球&イレギュラー バウンド捕球)

投球基本

メカニック

  1. グリップ
  2. ワンインド アップ
  3. バランス ポイント
  4. アーリー& レイト コッキング
  5. アクセレレーション
  6. フォロースルー
  7. フィニッシュ

ドリル

  • ヒップファースト ドリル
  • コンタクト グランド ドリル
  • デセプション ドリル

打撃基本

  • セット アップ
  • スタート ポジション
  • アタック ポジション(コンプレス ステップ)
  • ストライド
  • スイング
  • フォロースルー

ドリル

  • ピボット ターン
  • ロック&リリース ドリル
  • ボンズドリル

DAY2(2日目) 応用プログラム

守備応用

  • ポジション別指導

外野守備

  • サード
  • ショート
  • セカンド
  • ファースト
  • キャッチャー
  • 18アウト(プログレッシブ スキル トレーニング) 
    ☆守備でのメンタル トレーニング

投球応用

コースへの投げ方&高低の投げ方

  • ツーシーマー
  • カーブ
  • チェンジ アップ
  • スライダー(高校生以上)

コンビネーション ドリル

  • 直球:内角高め&直球:外低め

フォーカル ポイント ドリル

  • 直球:内角高め&カーブ:外低め
  • 直球:真ん中&チェンジアップ:外低め
  • 直球:外角&スライダー:外低めボール

打撃応用

  • コースによる打ち方
  • 高低による打ち方
  • カーブの打ち方
  • タイミング ドリル
  • 3ティードリル
  • ピアッザ ドリル
所在地 [事業所]〒970-8045 福島県いわき市郷ヶ丘3-20-5 [練習場]〒970-1152 福島県いわき市好間町中好間半貫沢34
連絡先 [電話]050-1527-2994(代表)  [E-mail] info@rsbc.jp
定休日 毎週火曜日及び祭日 営業時間 11:00AM~8:00PM
代表者名  滝口 博之